« 待機重症認知症老人ゼロってのにも取り組んでもらいたい | トップページ | 一般人の目には見えない医療崩壊 »

はなはだ よろしくない岐阜新聞 産経新聞の記事

先日の岐阜新聞の一面中央にに 予期せぬ患者死亡事例 全病院届け出義務 厚労省 法改正へ・・・と いう記事が掲載されていた。医療事故調査制度の話であるが・・・その件はともかく、最後に目を疑う記載があった。

「厚労省は2008年に「医療事故調査委員会」創設に向けた法案大綱案を公表したが、悪質な事例は警察に通報するとしたことが医療界のつよい反発を招き頓挫した」

おひ!!!!!!! いったいどこの医療団体がそんなことをいったかよ!!!!

故意の事例 あるいは 隠蔽 改竄についての警察通報について異論を唱えた医療団体があったかよ???

厚労省のお役人が このような内容で記者に話したか、あるいは記者の理解がこうであったか・・・岐阜新聞は地方紙で、全国ニュースは共同通信から配信をうけている場合も多いが・・・産経新聞にも同様な記載があった

「悪質な事例は警察に通報するとしたことが医療界のつよい反発を招き」

といえば、事故調査委員会の基本たるWHO提言についての理解が足りなかったと思われる立案者たるお役人は自分は悪くなかったことになる。医師悪者像を増幅し、記事としては売れる。お役人とマスコミの利害は一致しているようにみえる。しかし、このように患者と医療の対立をあおる事が医療崩壊の一因となったとおもわれるのではなはだよろしくない。

いったい どうなってんだ????

いろいろと勘ぐってしまう。

|

« 待機重症認知症老人ゼロってのにも取り組んでもらいたい | トップページ | 一般人の目には見えない医療崩壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176443/57613888

この記事へのトラックバック一覧です: はなはだ よろしくない岐阜新聞 産経新聞の記事:

« 待機重症認知症老人ゼロってのにも取り組んでもらいたい | トップページ | 一般人の目には見えない医療崩壊 »