« 学生向けプレゼン | トップページ | 待機重症認知症老人ゼロってのにも取り組んでもらいたい »

僻地救急外科

東海3県の地域医療研究会があるというので行ってみた。

高校生や医学生の内から合宿をするなど、地域医療に興味をもっていただくための試みが紹介されていたが、気になるデータがあった

合宿前後では たしかに平均でみれば地域医療に興味をもつ方はふえていたのだが、逆に興味を失ったと答えるものが存在し、その割合は高校生よりも医学生に多かったのだ。

そこで発表者に これらの医学生に共通した特徴はあったか聞いてみた。
そのデータはもっておいでではないとのことであったので、追加の研究を依頼した。

実は 発表を聞いていて なんとなく思い当たる所があった。
前回 学生たちに話した内容に関連がある
http://bassisha.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-e286.html

地域医療 特に僻地になると、老人人口の割合は多い
であるから、地域医療が上手くいっているかの評価ポイントで、在宅での看取りがどれだけ増えたか というファクターがしばしば用いられている。
参加した研究会でもそうであった。勿論 大事な事である。

しかし、そのような地域であればこそ、若い方々はなけなしの存在であり、いや、そうでなくても、危機的救急疾患や事故に対して これらの方々を少ない医療資源の中、センスと技術と他院との連携をもって救命し、社会復帰させることはあたりまえに重要なのだ。
 救命医を積んでくるドクターヘリは夜間や視界不良時飛ばないし、救命士は臨床的心停止まで輸液も薬剤投与も気管挿管もできない。外傷では臨床的心停止までいたってしまえばまず社会復帰は無理だからそれまでになんとかしなければいけないし、他の疾患でも心臓が止まってからの蘇生ではあたりまえに社会復帰の可能性は減る。
 だから僻地赴任の医師達は少ない医療資源の中、センスと技術と他院との連携をもって救命し、社会復帰させることにも精通しなければならない。だからそれにも取り組んでいる存在なのだ。 

 あまりにあたりまえすぎて、この事が地域医療を語るなかであまり触れられないのではないだろうか。しかし、医学生の中には ブラックジャック志向やドクターコトー志向の人はいると思われるので、そこで在宅看取りを評価ポイントとする地域医療合宿をすると かえってモチベーションが下がってしまう部分もあるのではないかともおもえる。

 一番 近いもので救急科だが 救急医学会をみていると たしかに時間的な余裕がない系だが、そこに医療資源をつぎ込んで 助かりそうもない人が助かりましたという話を 都市部の救命センター達が発表しあっている感がある

 外科学会にいくと、同じように豊富な医療資源をもって 取れそうもない癌が取れました・・・あるいはこの術式で生存率が上がりました・・・あるいは豊富な症例数をベースにした抗癌剤の検証を行っているように見える。

 そして、地域医療学会にいくと、在宅医療の成果として在宅看取りを評価ポイントの一つにする世界がある。

 そうなると、ブラックジャックやドクターコトーの世界のような 僻地救急外科をかたる受け皿というものがないような気がしてくる。どこで話しても 特殊世界の話なのだ。

 いっそのこと 僻地救急・外科研究会 などというものでも立ちあげようかという気もしてくる。

 そんなことを考えていたら、こんどは私が質問した相手から自分の地域で研究会をするので50分程講演してもらえないだろうかというmailがきた

そこで、学生むけに話した
http://bassisha.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-e286.html...
の外科医に そのまま僻地赴任医師にさしかえて話してみた。

それでも当然成り立つ話であった。

参考にして救急システムを変えてみた。それとは別に皆なにやら元気になったとの お礼のmailが来た。
その地域で救える人が増える事を祈っているし、僻地地域医療に携わる方々がさらに誇りを持って働けるような世界が来る事を祈っている。

|

« 学生向けプレゼン | トップページ | 待機重症認知症老人ゼロってのにも取り組んでもらいたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176443/51032695

この記事へのトラックバック一覧です: 僻地救急外科:

« 学生向けプレゼン | トップページ | 待機重症認知症老人ゼロってのにも取り組んでもらいたい »