« 2008年4月 | トップページ | 2009年3月 »

へき地・地域への 医師誘導策

1.通算で へき地・地域一年の勤務歴毎に
地方税を2% を生涯にわたって減免する

(10年いれば20%)

2.へき地・地域の勤務歴三年で 自動的にいわゆる総合医と認定する

3.ただし 勤務歴は施設長と自治体首長に認定するものとする


将来 開業を目指す方も へき地・地域にきていただけるかもしれない。
へき地・地域は日々真剣勝負で総合診療にいそしんでいる。
ただし、いるだけでさぼっている人はダメ

この方法が一番 軋轢がすくないと思う

| | コメント (2) | トラックバック (0)

準備したくても準備できない血液

 ほとんどの一般の方が 輸血は買取り制に変わっており、返品が効かない事をご存じない事を知った。

 かつては輸血用の血液というものは、手術前に念のために多めにオーダーしておいて、大丈夫だったら返品するというシステムであった。また、突然の外傷に対する備えとして 各救急病院にストックもあったものだ。期限近くなったら返品できた。

 しかし、献血量が少なくなったためか、医療費が高くなるという理由からか、輸血用血液は買取り制に変わってから久しい。当然、使用期限はあるが、返品は効かない。

 一方、病院経営も 医療費削減策から苦しくなるばかり、到底 不良在庫をかかえられなくなった。念のために沢山用意しておくということができなくなった。

 かつての制度では 血液を無駄にしすぎる・・・という面もあったのだろうと思う。しかし、本当にすべてが無駄な血液だったのだろうか?
それは かけがえのない命を守るための社会がかけるべき保険だったのではないだろうか? 実際に外傷分野で亡くなっている命はあるとおもう。 自分も悲憤慷慨したことがあった。

 大野病院事件では、止血も致死性不整脈の前に完了しているし、血圧も血色素も保たれていた。したがって血液も実は間に合っていた可能性はあるとおもえるが、誤解とはいえ、一般の関心が輸血に向かっているのなら、この際 この不条理さに目をむけていただきたいものだ。

 献血が増えて 血液の買い取りがなくなって、念のためにの血液もストックできて、 政策的にも医療抑制策から増大策に転じたら、外傷分野でも、もうすこし助かる命はあると思える。

 医師 患者が 手を取り合って、こういう方向に進めば 建設的だと思うし、亡くなった方もすこしは浮かばれる。

それには もろに血液と金が必要だ。

http://www.jrc.or.jp/active/blood/pdf/19toukei.pdf

をみるかぎり、献血量は年々へっている。日赤は人員削減努力をしているが経営は厳しい。返品されてはやっていけない状況だ。

国民の理解があれば なんとかなるかもしれない。

献血は呼びかける。そして経営についてはやはり公費でもっと補助してやるべきだろう。

金の話は 政治の話だ。

もうすぐ衆議院選があるらしいが、 どの党がどんなこというか、よく聞いて
少なくともかならず投票にいくべきだ。

--------------------

返品ができない理由はPL法らしいという指摘をうけた。

つまり、品質の保障ができないから、日赤が拒否・・・

・・・うーーん、 信頼していただけないというのなら、どうにもならない。
でも それで 余裕のある血液供給が絶たれている現実はある。

それならば国家予算的に

1.廃棄費用補助

2.在庫管理、流通管理を施設基準などで保険点数的に評価して
日赤に頼らない病院同士の流通システムの構築を促す

などを提言していこうかと考える

それが実現すると、余分に血液オーダーできるようになって、医療の安全度は増すが、結果的に血液廃棄量増えるので、ここで、初めて献血の推進が意味を持つ。

これらのお金は 医師不足対策用の予算ではないから、やはり毎年2200億円削られていく医療費の中で要求しなければならない。
それでは、医療のどこかにしわ寄せがいくからだめだ。

安心医療に必要な物として これまた別枠で引っ張ってくるしかない。

衆議院選前の各党のマニフェストに推薦したい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

無罪になったとしても・・・・

大野病院事件では無罪判決がでて、検察も控訴を断念するらしい。

当然であるが、未だに加藤医師への偏見的報道はつづいている。

これには2種類ある。

まず、第一に・・・心洗われると以前の日記に書いたが・・・
実は この判決には事実誤認がある。

http://www.asahi.com/national/update/0820/TKY200808200207.html


この判決の論法は、

「もっとよい方法があったと認められるが、だれもそんなことやってないから過失がない」

ということをいっている。

したがってバッシングの第一は、

「もっと良い方法があったけれどもそれに気がつかずに手術した凡庸な医者である」

という報道だ。 とんでもない間違いだ。

もっとよい方法というのは 

「胎盤剥離途中でやめて子宮摘出すれば出血量は抑えられたと思われる」

と いう部分をさす。

その論拠となったのは 国家試験対策用の本と 帝王切開ほとんどやった事のない教授の弁だ。

ところが、次の文脈で 癒着の剥離を完了すれば子宮が収縮し 止血は期待できる と指摘されている。 で、実際に癒着胎盤例で 剥離を途中でやめて子宮を摘出した例を提示する事が検察はできていないと指摘されている。

そりゃ一例もない筈だ。剥離を途中でやめたら子宮の収縮も不十分で今まで剥離した面から血が出っぱなしだ。子宮も大きいので摘出しにくい。むしろ剥離止めて子宮摘出するほうが失血死の危険が大きい・・・

と 全ての帝王切開に絡む医師達は証言したわけだ。

したがって、

「理論的にこうでも 実際はこうであるから 無罪」

ではなくて、

「最初の理論の方が間違えている。加藤被告は正しい方の理論にしたがったから無罪」

つまり国家試験対策本と帝王切開ほとんどやったことのない教授の方が間違えている というのが正しい。

でも、裁判の上では 無罪になってしまえばどうにもならない。

しかし、これは 剥離を途中でやめて子宮を摘出するのが正しいという学説の論議だ。
とにかく、そういう学説があった。裁判所はそれに従ったそういうことだ。

それなら、学説については学会で否定するのが筋だ。判決確定してからでよい。 だれも癒着胎盤の剥離を途中でやめて子宮を摘出する人はいない。 その実証すら危険である。
したがって、シンポジウムを開いて 正式に否定して 剥離はじめたら最後までやりとおして子宮の収縮を待つのが正しいと結論をだす。 あまりにも当たり前だから、これがやられていなかったのだ。
そして、ガイドラインを作る。

そして国家試験に出題して、堂々と 途中でやめて子宮を摘出するのは誤りとする。

この第一のバッシングについては、こうやって名誉を回復するしかない。


第二のバッシングは

「周囲から高次病院への転院を勧められたのに 大野病院で手術した自信過剰医者」

というイメージだ。裁判で すでに検証されているのにそれがあたかも偽証であるような書き方をするジャーナリストがいる。
余所でやれば助かっていた・・・という感情は あらゆるご遺族に共通するもので、無理のないものだが、事実ではない。そこに付け込むジャーナリズムを嫌悪する。

これは   手術を産科医一人で やった(応援を呼べばなんとかなった)
あるいは 出血中に心停止した
あるいは 帝王切開後前置胎盤が癒着胎盤になる率は高いのに無視した
あるいは 上記を指摘されたのに無視した

などという 全くの事実誤認に基づくものであり、そのイメージを証言の恣意的な引用と噂話と噂話が証言より真実を語るという全くの支離滅裂な論理で読者に植え付け、再発防止策を提言するという姿勢という隠れ蓑をきて今なお 真摯に患者を助けようとした加藤医師をバッシングする下記記事に代表される論調を強く批難する。

http://www.yuki-enishi.com/accident/accident-12.pdf
http://www.yuki-enishi.com/accident/accident-13.pdf
http://www.yuki-enishi.com/accident/accident-17.pdf

上記は2年前だが、8月28日の朝日新聞の「私の視点」でも 氏の主張は変わらない

判決の日の朝の日経朝刊の下記記事や、判決後のご遺族の談話も上記記事のような考えがベースになっていると思われる。

日経朝刊

・緊急手術ではなかった(対策を取れば取れたはず)
・胎盤癒着の可能性があることは文献からも予見でき、高次医療施設で管理、出産を行うべきとあるが、産科医一人しかいない施設で手術を行った
・相談された先輩医師は「大学病院から産科医を派遣してもらった方が良い」、助産師は「大きな病院に転送すべき」と申し入れたが、被告医師は断った(理由は不明、病院は回答せず)

このような論調をもって まだ真実は明らかではないという論があるわけだが、 しかし、これらの疑問は 裁判でずっと真剣に論議されてきたものなのだ。裁判証言も明らかになっていてそれらを判断された無罪判決が出ている現状で、このような論を公言するという行動は・・・もしも悪意がないのなら混同がある。

助産師や先輩医師が大量出血の可能性を考えたのは、証人の池ノ上教授の証言とおり、帝王切開後の前置胎盤で胎盤が帝王切開の傷跡へ癒着している頻度が高いからだ。これが文献でも示されている部分だ。

しかし、この例は胎盤が後壁に主にあり帝王切開の傷跡にかかっていないと術前と術中に超音波検査で診断されており、事実そのとおりであった。このような例での癒着は「by chance」すなわち偶然によるものであり予見不能であることがこれも前述の池ノ上教授の証言で明らかになっている。すなわち、この病態で加藤医師か高次施設へ転院させなかったのは、当時の産科医療の中では一般的であったことは裁判で明らかになっているのだ。

 従って、大量出血が予見できた、転院させるべきだったと、裁判がおわって証言記録も残っている今なお、主張することは、裁判の証言の恣意的な引用による悪意ある記事ととらえられても仕方がない。気の毒なご遺族もこのような記事によりミスリードされているようにみえる。

実に遺憾だ。

 しかし、帝王切開後の前置胎盤で 帝王切開後の傷跡にかかっていなくてももしかしたら ある程度 癒着頻度が高くなるかも知れない。これは今後 学会でさらに検討していくべき課題だ。

上記の記事の主張が

「加藤医師が慎重さを欠いている」

ではなくて

「当時の産婦人科の常識は慎重さを欠いていたのでは」

ということであれぱ どんなによかったかと思う。
それなら、我々も同じ土俵で話ができた。

じゃあ どうすればいいのかという話になる。
一人医長なんか誰でもなりたくない。
でも二人以上なと言う事にすると、産科医が足りないのだから
それは自動的に 地域からの撤退を意味する。
・・・それが 実は今の状況だ。

前置胎盤の予定手術症例を全例 高次病院でやるというルールにするにしても 高次病院の産科が手厚いかと言えば こちらも人手不足だったりして
パンクするかもしれない。

それも 産科が少ないからだ。

そして、無罪になっても、恣意的引用と不十分な知識と誤解で医師への個人攻撃を繰り返す記事があるとすれば、やはり 産科の志望者は増えないのではないかと危惧されるのだ。

・・・・・また、手術を産科医一人でやっていたという誤解も一人歩きしている。

手術には外科医が手伝いにはいっており、止血には十分であったことも裁判で明らかになっている。手術野にもう一人入ってきたらかえって邪魔であっただろう。狭い骨盤に手がすでに4本だ。 事実 このチームは致死的不整脈が発生する前に止血に成功しているのだ。 手術中応援を呼ばなかった云々ということはあたらない。応援がきたらかえってペースが乱れて、止血できなかったかもしれない。

さらに、大野病院手術チーム 患者の致死不整脈に遭遇する直前にたどり着いたのはどの状況であったかの証言を引用し、いかなる高次病院でもさけられない事態であっただろうことを指摘しておきたい。

繰り返すが、このチームは致死不整脈の前には止血に成功していた。ある意味 高次病院よりも優秀であり 加藤医師はどちらかといえばよくできる医師だ。

http://plaza.umin.ac.jp/~perinate/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%C2%E8%C6%F3%B2%F3%B8%F8%C8%BD%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6%2807%2F2%2F24%29

の後半の 助手に入っていた外科医の証言

-------------

検察:臓器損傷による大量出血はありませんでしたか?

証人:ありません。

検察:臓器損傷は?

証人:ありました。

検察:いくつ、何を。

証人:膀胱だけです。

検察:どのように?

証人:膀胱を損傷したので修復したことがありました。

検察:出血は?

証人:ほとんどありませんでした。

検察:他に傷つけたことは?

証人:子宮断端にガーゼを縫いこんで縫い直したことがあったが、明らかに大量出血の原因となるようなことはありませんでした。

検察:VTとはどういう意味ですか?

証人:死亡する危険性のある不整脈。

検察:いつVTと言われましたか?

証人:子宮摘出後。膀胱を修復して、閉腹しようという時だったと思います。

----------------------

VT始まるまえに止血は完了していた。
大きな出血は子宮摘出時点でなくなっている。

麻酔科医の証言でこの時点で血圧は80以上あり 直前のHbも7以上あったことがわかっている。

つまり、このチームと患者は 本当にゴールできたに等しいところに来ていたのだ。そこに予期せぬ致死性不整脈が襲った。

いかなる高次病院でも この事態は予期せぬ事だ。
救えない。

実際、本当に失血死であったかも 剖検していないからわからない。加藤医師は失血死と語ったが、広い意味ではそうかもしれないが、本当は違うかもしれない(予見不能かつ致命的な羊水塞栓の方が病態にあいそうだ)。

もっと大きいところなら助かったかも・・・というのはご遺族の自然な感情だ。しかし、その感覚を利用して記事をうる、視聴率を稼ぐマスコミは猛省するべきだ。 

再発防止策と 加藤医師の人格批判は関係がない。

再発防止策の隠れ蓑を着て加藤医師を攻撃して記事を売ろうとする人々を軽蔑する。

参考 裁判記録 

宮崎教授

http://plaza.umin.ac.jp/~perinate/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%C2%E8%BD%BD%B2%F3%B8%F8%C8%BD%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6%2807%2F11%2F30%29

応援に行くかもしれなかった産科医と 手術にはいっていた外科医

http://plaza.umin.ac.jp/~perinate/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%C2%E8%C6%F3%B2%F3%B8%F8%C8%BD%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6%2807%2F2%2F24%29

岡村教授・・・・途中で応援についての質問を検察が撤回

http://plaza.umin.ac.jp/~perinate/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%C2%E8%B6%E5%B2%F3%B8%F8%C8%BD%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6%2807%2F10%2F26%29

宮崎教授と岡村教授の裁判の評価

http://www.asahi.com/national/update/0820/TKY200808200207.html


・・・・まだまだある。

http://plaza.umin.ac.jp/~perinate/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=FrontPage

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2009年3月 »