« 5人組ではどうだろう。 | トップページ | バイスタンダー 救急隊 GJ!! »

無意味だった新臨研

最近の病院の閉鎖の状況に鑑みて、

2つの意味から新臨床研修医制度が無意味であったという考えを述べる。

一つは教育面。

地域で設備も医師も乏しいところで根本的に必要な物とは

1.超緊急時にABCを安定させて必要なら蘇生させて高次病院まで状態を持たせて送れる能力

2.ほぼ全科に渡る一次診療能力

3.その中で、高次施設対応を見逃さないトリアージ能力

だろうと、思える。
で、おそらくは新臨床研修医制度は、そういった能力を重視して考案されたものではないかと・・・考えられる。

ところが、今、3年目の後期研修医を当直に頂いているが、どういうわけか、かつての制度の3年目の方が、こういった能力に長けている。今はかえって駄目になっている ・・・という印象がある。

結局 医師としての責任をもたされないで権利のみ主張して5時に帰っていくという状況では、本当の力が身につかないって事だったのでは・・・とおもう。技術を学ぶ態度とい うのは、板前修業も医師研修もかわらないのでは・・・と・・・ 。

そこには当然、積極的に研修してきたものとの差がでてくるのであるが・・・

一般的には、背水の陣で、責任を持たされて、震えながら過ごしたかつての市井施設に派遣されての当直の夜、あるいは地域病院の方が余程身についていたのではないか。

そして、いざとなったら上級医が 身を張ってこれらの医師をサポートしてきた。古いと思われるかもしれないが、技術の伝達とは、修練の上に責任感がないとあかんかったのではないかと、このように考える。

この意味で、教育的に新臨研は机上の空論であったのではとおもえてならない。

次に、医局破壊させたのを新臨研の成果とする論についてであるが、

権威とか、学閥とか、それを崩すとか・・・実際 目がねが曇っていたのではないかとおもう。

医局制度の発生を考えてみれば解る。

そもそも皆、将来が不安で、勿論開業する甲斐性もなく、不確かな価値・・・博士号・・・に群がる医師集団があった。

その大勢の医師達を食わせていけない大学があった

一方 給与は払えるけど、医師のいない施設があった。

大学の医師達は、自分の将来がそこに固定されるのは、たとえ給与が高くても嫌だった。

・・・そこで、交代でいこうか・・ということになった。これが医局制度の発生なのだ・・・

別に権威とか云々ではなく、単純に不安解消と食わせていこうという話。

この博士号を専門医 大学をマグネットホスピタルに読みかえれば、全く同じ事がおきる。もっとも、私立であれば、どんどん医師の給与を減らせばいいから、知ったことではないかもしれないが ・・・。
(新臨研で育った先生方よ・・・甘くないですぞ。3年目以降から貴方達が勝組と負組に分けられて 病院なり大学なりから評価されていく。)

この場合、教授にあたるのが各科の部長になる。

もしも、このような派遣世界になるのなら、単に「学閥」が「病院閥」に変わるだけ。別の、医師派遣会社があったとしても、その会社閥がうまれるだけ。その場合の教授にあた るのは社長になる。

およそ、サラリーマンである以上は、医師というだけていい目できるわけでもない。

そんなわけで新臨床研修医制度は、学閥の弊害を破壊する・・・という意味すらない、医局が破壊されたままだとしても、別の閥をつくるだけと・・・このようも考える 。

・・・そうすると、単に医学部が8年になっただけの代物。

その2年間分の医師の供給不足で、病院閉鎖を招いた。無意味な地域医療の崩壊を招き、救急や産科医療の崩壊をまねいた。

そんな気がしてならない。

|

« 5人組ではどうだろう。 | トップページ | バイスタンダー 救急隊 GJ!! »

コメント

はじめまして、mixiから来ましたカズーと申します。。
お考え、至極もっともだと思います。特に外科系は職人さん集団なので、学ぶためには権利だけでなく、責任や義務もあることを身をもって知らないといかんということですかね?
ゆとり教育と同じように撤回してもらえると、医療崩壊の流れも少しは緩やかになるのでは、と夢想しています。

投稿: カズー | 2008年5月26日 (月) 13時05分

カズーさん コメントありがとうございます。

新臨研については、もはや今から戻されてもさらに混乱してしまうところまで来てしまったように思います。

地域医療の荒廃 リスキーな分野の荒廃

これらが やっと世の中に認識されましたが、こうなれば、それぞれをどうやって守っていくのか、医師にとって安心してやりがいのある仕事にしていくのか、新臨研を作った方々が提案していかなければならないはずだと思います。

投稿: ベース医者 | 2008年5月26日 (月) 18時43分

医者の世界も技術屋の世界も、
教育面ではある意味同じだな
と、痛感しました。
自分で(冷)汗をかきながら覚えた・習得した・身につけた技術・技能は自分の武器になる。
初めては、誰だって怖い。失敗が怖い。
でも怖がってちゃ、いつまで経っても身につかない。
だからこそ、後ろで見てくれる先輩が心強い。
先輩の『見ててやる』に励まされて自分で何度もやってみる。

口ばかりの若手が増えて困っているのは、産業技術
世界も同じ。

投稿: 神雷親父 | 2009年2月13日 (金) 00時59分

神雷親父 さん
おっしゃる通りだと思います。

技術の習得という事には共通の基礎があります。
けっしてお膳だてしてやればよくできるようになるわけではない・・・

投稿: ベース医者 | 2009年2月13日 (金) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176443/16695974

この記事へのトラックバック一覧です: 無意味だった新臨研:

« 5人組ではどうだろう。 | トップページ | バイスタンダー 救急隊 GJ!! »