« 2006年8月 | トップページ | 2007年2月 »

平均台

平均台 
        
川がある。
平均台のような橋がある。
人を背負ってその平均台を渡る仕事がある。

大変だが、やりがいのある仕事だといわれている。
報酬も他の仕事に比べて高いらしい。

その仕事に就くためには定められた場所で勉強して試験に通らなければならない。訓 練もつんで一人立ちする。

勉強もしたし、訓練もつんだ。人をせおって平均台を渡る自信はある。さあ、仕事を はじめよう!!

ときどき平均台から落っこちる人がいる。不注意な奴らだ。
世間から批判されて当然。

でもどんどん運ばなければならない人は増えてくる。
いろいろな場所があって、平均台の幅が狭い地方もある。それにいつでもいいのに時
間かまわずやってくる人もいる。

平均台から落ちるのがけしからんということで、世間は川の中に剣山を置くことにし たらしい。
背負う人の重さは なんだか時代を経るに従って増してくるようだ。

川の中には血だらけの仲間がいる。落ちたくて落ちたわけではない。僕もなんだか目 が霞んできた。

今日はいきなり 仲間が以前おちたことが怪しからんといって どこかにつれていか れた。鞭打ちの刑にさらに処すべきか調べるそうだ(土手を歩いていて人を川に突き
落とした人と同じ罪なのだそうだ)。 仲間がつれていかれて、また仕事がふえた。

平均台の幅が狭いところから 仲間が逃げ出したらしい。ある程度の体重以上の人は 背負わないという人も増えてきた。
でも、だれかが、そこで仕事しなければならない。誰かが 重い人を背負わなければ ならない。

世間は、落ちないようにするにはさらに剣山の高さを高くしろといっている。

どうして・・・どうして、平均台の幅を広げるという話にならないのだろう。
どうして手摺をつけるという話にならないのだろう。
どうして人数を増やすという話にならないのだろう・・・。

薪がなくなったといって、平均台を削る話ばっかりだ。

それでも・・・・
今日も平均台を渡っていく自分がいる

----------------

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2007年2月 »